Pocket

京セラで仕事をさせていただいて、その折に稲盛名誉会長か不況を脱却するための5つの方策を学びました。
不況は、次の飛躍の足掛かり
ただし、今回のことで思うのは、日ごろが大事であるということ。
内部留保・高収益。この二つを予防されている会社は、今回耐えていけています。
それでは、方策の五つを紹介します。
①全員で営業にあたる
②新商品開発に全力を尽くす
③原価を徹底的に引き下げる
④高い生産性を維持する
⑤良好な人間関係を築く
です。それぞれ解説は必要ですが。
ぜひ、実行されてはどうですか。