Pocket

コミュニケーションは、知覚である。

ドラッカーの言葉。

実は、昔に書籍を読んだときにはピンとこなかった。

最近、少しわかったように思う。

知覚は、個人が感じるもの。

同じものを見ても、知覚の感じ方は違う。

深く感じ人もいる。

全く、感じない人もいる。

ということは、知覚力を磨くことと。

相手が何に知覚しているのかを知ることが大事。

絵画を見て、知覚力を上げる。

クラシックを聴いて、知覚力を上げる。

私のテーマです。

コミュニケーションエリート」になるには? | 「コミュ力」は鍛えられる! | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準