Pocket

京セラフィロソフィの言葉『土俵の真ん中で相撲をとる』 京セラで勤めていたときに、社員の皆さんに教育していました。 その時に、この《土俵の真ん中で相撲をとる》というフィロソフィが、正々堂々と行うという 勘違いがよくありました。 実際は、『余裕のある時に全力でことに当たる』という意味です。 今、私はコンサルタントの仕事をしていますが、会社も余裕のあるときに次を考えましょうと言っていま す。また、仕事の仕方も納期ぎりぎりにやるのではなく、常に余裕を持って仕事をする習慣を。 とお話しています。 簡単なようで難しいこと。 多くの会社が人が、納期ぎりぎりになって行い、そのためのトラブルでまた時間を使う。 そんな負の連鎖が目立ちます。 心構えの問題なのです。 常に、土俵の真ん中で相撲をとることに全力で行うのです。